ekiden:

この夏、東洋大学の駅伝チームと数日共に時間を過ごす機会がありました。
場所は、ポートランド、オレゴン。

キラキラ光った瞳たちは、走り始めると雰囲気が変わる。

夏の調整は、年後半の駅伝シーズンに大きな影響を与える大事な時期。
彼らは体を鍛えるという行為とは別の”経験”をこの旅では体感したに違いない。

アメリカの地で単身挑戦し続けている彼は、身体中に脂がのった回遊魚のようにギラギラしていました。

大迫傑

詳しいストーリーは現在、発売している Mark Fall/Winter2018 issue10 Recovery for Tomorrow をぜひ読んでみてください。 http://mag.onyourmark.jp/2018/11/mark10/113539

ランナーたちのヒラメ筋の美しさ。
新年明けの箱根が今から楽しみ。

下向き加減の彼女は表情も固くどうなることかと思えば、一旦体をリズムに乗せると軽々とダイナミックな動きを見せてくれた。
魚地菜緒さん   https://www.instagram.com/p/Bc1_T9CHbMV/
また別のトリックも写真に収めてみたい。

最近の投稿記事

AKIRA YAMADA 山田 陽

AKIRA YAMADA 山田 陽

フォトグラファー。1998年よりNYをベースに活動。近年は東京との往き来も多くなり、雑誌、カタログ、広告の撮影に携わる。次回の展示の製作開始。
Website : www.akirayamada.com
Instagram : akirayamada