:210323

とうとう今日から50代の方々のCovid-19ワクチン接種が始まったので、
来月くらいには40代の僕にもワクチンが回ってきそうな兆しがみえてきた。
長い一年、 特にNYにいた方々は本当にそう感じたはず。
僕も家族がいなかったらこの街に留まっていなかったように思う。
自由のなかった、 自由の街ニューヨーク。
時間はかかりそうだけどコロナ禍の混乱から少しずつ街も順応していってくれるはず、 人はもっと早いと思うけど。

感染は和らぐはずだけど、 街は以前と同じにはならない。
無くなったものは多いが新しいお店やレストランはやっぱりもう開店し始めている。

この一年、 どこにもいけなかったせいか、 ファッションへのパッションがだいぶ落ち込んでしまっていた。 人にも会えないし、 人がいるような場所への外出もめっきり減った。
そんな中でも一番気持ちを下げるのはマスクをしないといけないということ。
マスクするだけで 『全体のバランスが崩れる、、』 とは言え、
この状況ではマスクはマストアイテム。
それ以外で何か自分のコアを盛り上げてくれるアイテムを探すことにした。

心地よい気持ちにしてくれるものは、 なんだかんだ同じような形や素材を選んでいる気がする。 新しいものをさわれなかった一年は、 今まで触ってきたものを大切に触って、 感触を聞いている。

サマータイムがやってきて、 1時間早くなると夜が1時間短くなる。
まだそうでもないが朝、 太陽が上がる時間はどんどん早くなり、すぐに朝5時には陽が登り始める。 夜も9時くらいまでは明るくなる。太陽に当たる時間が増えれば気持ちも自然と上がっていくでしょう。

手作りで友人が作ってくれたものや、 永く着ることで愛着の湧くもの、 いつの間にかいつも身につけていたものなどを写真に残しておきました。

太陽が出てくると思い出すように履いているEG Workadayの白ファティーグパンツ、 日本に行った時にお店にあったのをみほさんに探してもらった。 皺だらけで黄ばんで、 汚れているけど、 しっかり洗ってまだしばらく履けそう。
次はコットンサテンのオリーブ色を買い足そうと思う。
https://nepenthes-onlinestore.com/?pid=82480471

20年前のルームメイトがコロナ禍に本格的に始めたブランド PeaBoy
ブルックリンで、 寒い中、 手作業で色抜きしたり染めたりして作っている。
オリジナルのキャラクターは今後、 映像になって動いたりしていくようです。 次の展開も気になる。 現在、 Nepenthes NY店でポップアップも開催中。
https://www.instagram.com/peaboypeaboy/

去年の春夏はほぼ着れなかった新しい服。
一年遅れちゃったけど、 児島さんの半袖シャツ、 仕切り直しで着るつもり。
http://kaptainsunshine.jp

履き心地がとても良く、 普段履きとロードランの時によく履いているON Cloud。
靴紐結ばなくてもさっと履けるシューレースも使いやすい。
https://www.on-running.com/en-jp/products/cloud

春夏のコレクションが発売されたってきいてTシャツを買おうと思ったらもう売り切れていた、、BookWorks。
https://realbookworks.com

去年の夏はこのサンダルで過ごしていた気がする。
それを知っていたのか、 クリスマスにACGの方から、 富士山がモチーフになったDeschutz Sandalを頂いた。 これでしばらく困らなそう。

マスクで顔見えないし、 笑っても見えないし、 目つき悪くならないように、
ペンダントはいつでもスマイルで。
もういい歳なので金にしてみました。
https://nepenthes-onlinestore.com

最近ロンTばかりきている。 中でもオーラリーのものは肌触りが最高に良い。 違う色を次のシーズンにも。
https://auralee.jp

CPOシャツが好きで学生時代からよく着ている。 古着のNAVYメルトンウールのものをレザーパンツに合わせていた気がする。 ちょっと前までEGでも毎シーズン作っていたので、 『そのうち買えば良いや』 って思っていたら、 最近はコレクションに全く入ってこなくなってしまった。 このグリーンコーデュロイのものは、 ハンティングシャツぽくなっている。 今の時期にちょうど良い。
ガンガン洗って乾燥させて、 色褪せて体にどんどん馴染んでいく。
https://www.engineeredgarments.com

欲しいものがあったらその時に買うべき。

最近の投稿記事

AKIRA YAMADA 山田 陽

AKIRA YAMADA 山田 陽

フォトグラファー。 1998年よりNYをベースに活動。 近年は東京との往き来も多くなり、 雑誌、 カタログ、 広告の撮影に携わる。 次回の展示の製作開始。
Website : www.akirayamada.com
Instagram : akirayamada