2019 :

2019年、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年末のプロジェクトを終わらせるために、東京へ向かい無事全て終了後、自宅に戻ってきたのがクリスマスの少し前、気づけば仕事は年内におさまらず、年末年始も作業と撮影に引き続き追われているという日々ですが、、 時間をどうにかみつけて外へ走り出しています。

今年のトレイルランニングのターゲットレースが決まってきました。

5月、九州、阿蘇での120キロのトレイルレース。
そしてメインレースは、アメリカ(現在2つ候補があって抽選中)ですが、初の100マイル(160キロ)のトレイルレースに挑戦です。

去年の夏以降、目標レースがなくて、足を衰えさせないようには走っていましたが、目標ができて新年一気に気持ちが入ってきました。

2つのレースともに最長の距離に挑戦となり、きっと想像できないような心の冒険を味わえることと思います。

持論ではありますが、トレイルレースは特に距離が長くなってくるとフィジカル的なものよりもメンタル的な要素の方が、重要になってくる場面が多くなってくると思います。自分に甘えず、気持ちを出し切って、全力でその場を楽しめるように、今は走り込んでいくしかないですね。

写真は、日頃、走っている近所のプロスペクトパークの写真です。
セントラルパークの約半分のサイズ、1周約6キロほどだと思います。1年を通して、公園の中をグルグル走り回っています。緑がいっぱいの公園は、脇道だらけで大半の部分をトレイルで走り繋げます。ブルックリンの街中なのに山にいる気分にちょっぴりなれます。季節、時間、光の具合で同じ場所でも全く違うように見えてくる様を走りながらいつも眺めています。 

今日みたいにコンピューターとにらめっこが一日続いた、夕日どきに走りに行くと本当に頭がスッキリしますし、朝明けの公園は、空気がピリッとして目覚めに抜群です。今のところ、急激に冷え込んでいないNYの街は、ランナーにまだ優しいです。しかしながら、1月後半、2月になっていくと雪が降り出し公園中が凍り出します。

2月頭を皮切りに出張が続いていきそうですが、今年は猪突猛進の心持ちで進んでいきます。

最近の投稿記事

AKIRA YAMADA 山田 陽

AKIRA YAMADA 山田 陽

フォトグラファー。1998年よりNYをベースに活動。近年は東京との往き来も多くなり、雑誌、カタログ、広告の撮影に携わる。次回の展示の製作開始。
Website : www.akirayamada.com
Instagram : akirayamada