Converse vs Converse

近年、うちは非常に靴というか、フットウェアのプロジェクトが多かった。
今年初めに発売されたドクターマーチンあたりから続々と。
靴、スニーカーに限らず、個人的に何かスペシャルを作ろう、コラボレーションをしようとなったときに一番に考える事は相手との自分自身の関わり。今まで見た事も聞いたこともない相手とは何も思い浮かばないだろうし何もできないと思う。だけど過去の僕のキャリアの中で何かしら接点があれば、そこからの経験や、当時の知識を生かして何かを考えられるかもしれない。そしてそんな時はいつも、一過性ではない、何かEGらしいアプローチでのアレンジで、そのシーズンに限らず次シーズンにも、その先のシーズンにも通用するアイデア、デザインを考えようと思っている。

今年は面白いことに日本とアメリカで、別々のコンバースを作るプロジェクトがあった。
もともとアメリカのコンバースからの話は随分前からあって、最初にアイデアを提示してからのプロセスは非常に長かった。そしてその間に、今度は日本でビームスさんのためのスペシャルプロジェクトの一部として、日本市場向けのオールスターキャンバスのスペシャルが始まった。アイデアは、コンバースの定番である、オールスターのキャンバス、そしてスエードモデル、スムースレザーモデル、このバスケットシューズの3モデルをキャンバスに落とし込む事。同色で別素材というのはEGのお家芸。だけど一足に3種を入れ込むのは難しかった。単純にコンボやミスマッチで済ませたくなかったからで、ペアの両内側はキャンバスで、ハイトップはここにオールスターの丸いロゴプリントが入る。そして右足外側をスムースレザー、左足外側にスエード。キャンバスアッパーにはアルミのアイレット、レザーアッパーには同色ペイントのアイレットとそれぞれに工夫してみた。僕の中ではキャンバスのオールスターではあるけど、その中に当時のスエードのワンスターモデル、スムースレザーのワンスターモデルが部分的に共存できてる仕上げは結構気に入っている。当初から素材によって微妙な色の違いが見えるけど、これが履いていくうちにさらに違った経年変化を見せるのがおもしろいと期待している。最初の発売は、今年8月。ナチュラルキャンバスと白スムース、オフ白スエードのものが一発目。そして年明け早々にはオリーブ色が第2弾として登場する予定。これが非常に楽しみだ。もともとコンバースの軍用スニーカーのオリーブ色のものが好きだったので、今回は特に。これに合わせて、ミリタリースタイルの洋服もスペシャルで作らさせていただいた。スニーカーと同じく、同じ色目ではあるけど、数種類の異素材の混合で作ったトップとパンツで、これも非常にうまく出来上がったと思っている。興味のある人はこちらのリンクをチェックして見てください。

http://www.beams.co.jp/special/beamsplus/2017aw/feature02/

そしてもう一つのコンバースは、アメリカやヨーロッパ、日本市場以外でのプロジェクト。
こちらは残念ながら日本での取り扱いは無いのだけど、今年の秋にやっと発売になった。モデルはレザーのワンスターモデル。かれこれ40年以上も前、まだ高校生だった頃、コンバースは憧れのスニーカーの筆頭だった。当時は最新モデルのいわゆる、くの字星、シェブロンスターモデルが出たばかり。
僕のいた田舎では、なぜか洋服好きの仲間内で、誰かが買うとそのモデルはその人の断りがないと同じモデルを買えないみたいな風潮があって、僕もこれは欲しかったのだけど、お金が貯まった頃には別の仲間がすでに手に入れてしまっていた。 しょうがないので、古いモデルの引っ込み星、ワンスターモデルを手に入れようと当時の雑誌の情報から八王子のB店まで電話したのだけど、どうも僕の津軽弁が通じず断念。結局地元のインポートショップで、代わりにスタンスミスを手に入れることになる。 なので、思い入れは人一倍ある。コンバースのオールスターレザーは、最初にいわゆるバーズ&スター、ジャックスターが発売され、そして引っ込み星のワンスター、これが何故かベンチレーション(通気穴)の開き型の違う2種類が存在する。その後にくの字星、シェブロンスター。僕はこのすべての時代にリアルタイムで生きていたので、そのままこの4つのシンボルを一足に落とし込んだのが今回のデザイン。普通に履いていたら、ま、その違いに気がつく人はほとんどいないでしょう。だけど、これがEGらしいのだと思っています。色目は、白、黒、ダークネイビーにやはりオリーブの4色。ネペンテスのNY店では取り扱いがあります。また、海外に出かける予定があれば、もしかしたら見かける可能性あり。ぜひ、ご覧になってみてください。

ではまた次回。

最近の投稿記事

DAIKI SUZUKI 鈴木 大器

DAIKI SUZUKI 鈴木 大器

NEPENTHES AMERICA INC.代表「ENGINEERED GARMENTS」デザイナー。1962年生まれ。89年渡米、ボストン-NY-サンフランシスコを経て、97年より再びNYにオフィスを構える。08年CFDAベストニューメンズウェアデザイナー賞受賞。日本人初のCFDA正式メンバーとしてエントリーされている。