Black Lives Matter

アメリカは僕の憧れの国でした。
日本で育ちながら、アメリカのテレビや映画に夢中になった。自由の国アメリカ、多くの人種が集まっているコスモポリタンの地。30年前に移住してきた時の高揚感は今も忘れない。だけど現実は夢見た国とは違っていた。アジア人というだけで、近くで起きた犯罪の容疑者として車の後ろに手をつかされ、足を蹴られて広げられた。夜の郊外に3台ものパトカーのサーチライトで照らされ、眩しくて何が何だかわからなかった。とにかく生きた心地はしなかった。誤解と分かって収束したけれど、言われた言葉は謝罪ではなく、家に帰ってこの辺にはもう来るなという一言だった。

あれから30年の長い間、日本では感じた事のない、差別されてる感と、外国籍という何かあったら即刻強制帰国の恐怖はいつもある。だから、91年のロドニー・キングさんの時、14年のエリック・ガーナーさんが亡くなった時、そして今回のジョージ・フロイドさんの死は他人事ではない。彼らアフリカ系アメリカ人たちが直面してる恐怖と理不尽は僕らのそれとは比べものにならないほど酷く、長く続いてきた。何も変わっていない。こみ上げてくる、どうしようもない憤りと、無力感でいっぱいになる。今、若い人を中心に多くの人が立ち上がって戦おうとしています。本当に多くの人たち。今までに感じた事がないくらい皆が真剣に。僕自身は市民権も無く、非力ではあるけど、できる限り彼ら、彼女らをサポートしていきたいと強く思う。
あの憧れだったアメリカを本当にするためにも。

I adopted America as my home 30 years ago, and I have been really lucky to feel that America has also adopted me. I came here as a young man with a lot of dreams. I saw America as the place I could have the freedom and space to make those dreams happen. What’s more, I have been welcomed by many communities here. The customers who I interact with and designers and musicians and craftspeople I collaborate with have shown me respect and given me the chance to show my respect back. 

Ever since I moved here, I have been aware that while this is a country where dreams can come true, it’s also a country where dreams get crushed. I am privileged in that I have never experienced the type of racism that Black Americans face every day on all levels. I have seen a small taste of it. I don’t think any Asian in America hasn’t been discriminated against in one way or another. But that’s a story for another day. 

For today, I wish to say this: I am not an American by nationality, but I have felt very much welcomed into America, and I am glad to call it my home. As a result, I am part of the American experience, and it’s my duty and honor to stand up with Black Americans in this moment to demand that the injustice stop. Enough is enough. Black Lives Matter. 

So, what am I going to do about it? To be honest, I do not yet know. The world is changing so quickly post Covid 19 and all of us, including those of us in the fashion industry, are seeing an unprecedented upheaval in our way of doing things. My hope is that this state of upheaval will help break down the walls that were preventing real racial change from happening. As we go forward, I will do my part to help break those walls. America should be a place where we all have an equal chance at making our dreams come true, and until it is that place, none of our dreams will be enough. 

鈴木大器 Daiki Suzuki
Nepenthes America Inc. Engineered Garments

最近の投稿記事

DAIKI SUZUKI 鈴木 大器

DAIKI SUZUKI 鈴木 大器

NEPENTHES AMERICA INC.代表「ENGINEERED GARMENTS」デザイナー。1962年生まれ。89年渡米、ボストン-NY-サンフランシスコを経て、97年より再びNYにオフィスを構える。08年CFDAベストニューメンズウェアデザイナー賞受賞。日本人初のCFDA正式メンバーとしてエントリーされている。