江別

こうなって、

こうなった。

場所は札幌から車ですぐの江別にできた蔦屋書店。こんな棟が3棟並び、すでに週末は駐車場待ちが出る人気。初めて迎えるゴールデンウィークには、過去最大の集客数が予想されている。SOUTH2 WEST8ポップアップコーナーも、インスタ映えポイントとしてたくさんカメラを向けられそう。普段店で静かにしてる剥製たちも驚きそう。

うちのコーナー前の本棚が、これまた素晴らしかった。「冒険」ってカテゴリーがもう良い。

もちろん釣り本コーナーも。「川釣り」というジャンルでカテゴリー分けが存在していること自体、すごい。

雑誌の揃えも半端ない。全部釣り。みんな好きだなあ。。

釣り雑誌のなかでも、北海道ならではのセレクションがズラリ。見てるだけでテンションアップ。。北海道の釣りが、特別なものであることがよく分かる。実際、北海道の釣具屋に行っても、置いているものの種類やサイズは全然違う。

イベントによって本棚のセレクトは変えられている。細かいところにまで目が届いていて、本好きだからいくら居ても飽きないし、いくらでも欲しくなってしまう。初日には、さくさくっとヤマメ関連の3冊を購入。釣り人は皆それぞれに哲学があるのが面白い。それにしても専門書は高い(笑)。全部で8,000円くらい。TROUTバッグがよく売れていて嬉しい。このサイズは案外たくさん入って、やっぱりデイリーに使いやすい。通販もできるそうなので、ぜひ。

夕食を食べた店にもヤマメの版画が。
最近はニジマスの写真ばかり撮っているけれど、心のどこかではいつもヤマメ(山女魚)のことを。。男ってやつは。

最近の投稿記事

TOKURO AOYAGI 青柳 徳郎

NEPENTHES ディレクター。1970年生まれ。東京都出身。