スポーツ熱

週末のレスリングの伊調 vs 川井が素晴らしかった。残り10秒からの伊調の逆転。各階級のオリンピック代表はたった一人、どちらにも勝って欲しくて複雑な気分。二人の身体は見るのもの全てを納得させる。かっこいい。

そして、同日に行われたラグビー全国大学選手権の早慶戦。残り30秒、早稲田ラインアウトからなんと24次目の攻撃での劇的トライ!大学スポーツは完全に早稲田贔屓。次は準決勝、1月2日の早明戦。創部100周年の節目に10年ぶりの優勝を目指す早稲田。彼らは選手権に優勝した時だけ、第二部歌の『荒ぶる』を歌う。1月12日の決勝後、『荒ぶる』が聴けたら泣きそう。否、確実に泣く。泣きたい。

あと、フィギュアスケート女子。前から密かに坂本花織さんを応援していたから嬉しかった。いつも一番緊張しているように見えて、なんだか応援したくなるのだ。それにしてもフィギュアは見ててヒヤヒヤして疲れる。。どうか皆に転ばないで欲しいと祈りながら観てる。

オリンピックを前に煽られているのか自分でも分からないけれど、スポーツ熱がこのまま過熱しそう。水泳も続けていて、冬になっても暇を見つけては泳いでる。でもなかなかイメージ通りに行かず、いっそのこと誰かにマンツーで習いたいと思ってる。スイスイと魚(イメージは鱒)のように、疲れ知らずで泳ぎ続けるスイマーを見ると惚れ惚れする。

写真の様に、息継ぎの時に逆の手をビシッと伸ばしてたいんだけど、どうも乱れるのが目下の悩み。
誰か柔術覚えたいスイマーとかいたら、交換レッスンできるかもなんて無駄に妄想中。。

なんて、妄想をしてる暇はなく、パリでのバイヤー様向け展示会準備でドタバタ。年末年始は大事な仕事を抱えて過ごすのが、もはや恒例行事。もう一踏ん張り。
飲み過ぎ注意、自警を込めて。皆さんご自愛ください。

HAPPY HOLIDAYS!

最近の投稿記事

TOKURO AOYAGI 青柳 徳郎

NEPENTHES ディレクター。1970年生まれ。東京都出身。