身土不二:

新年の初めに身体と気持ちを整えるにはちょうど良い集まりに参加させてもらいました。
マクロビオティックに基づいたおせち料理を頂く事と瞑想をするクラスです。

マクロビオティック、最近はいろいろなところで聞く言葉ですが、起源は、直訳すると “偉大な生命の術” 自然に即した命のあり方、長く(大きく)生きていくための理論と方法といった事のようです。この理論の基本にくるのはやはり食です。

身土不二、一物全体、(大まかにいいますと、暮らしている土地で、その時の旬の物を食べる。自然の恵みを残さず丸ごといただく。)を基本ベースに、陰陽調和(すべての物には、陰と陽があるという事を前提に、食べ物にもそのような力があると考えるようです。)の考えで、献立や調理法のバランスをとるといった事です。

ストイックに追求していけば、どんどん深いところまで進んでいきそうですが、自分なりに理論と向き合って、取り入れていくにはとても理にかなった考え方なきがしますし、僕でも少しは取り組めそうかなと思いましたが、、やはり制約が多く現状ではなかなか踏み込めていません、、。
心の中の葛藤と戦い、うまく自分を誘導できれば少し近づけるかもしれないです。 そんな自分の心,存在意識と見つめ合うのに瞑想は最適な方法のようです。
今回は瞑想を集団で行うという事も一緒に体験してきました。
瞑想と書いてしまうと怪しく聞こえてしまいますが、純粋に目を閉じリラックスして自分の頭の中になる、存在意識に意識を向けてみるという事です。

瞑想は集団でしなくとも自宅で10分でも15分でも時間を作り、リラックスした環境でしても良いなあと新年早々、素敵なアイデアを頂きました。

身体に感じる食事と有意義な時間を新年早々させていただきました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

山田陽

最近の投稿記事

AKIRA YAMADA 山田 陽

AKIRA YAMADA 山田 陽

フォトグラファー。1998年よりNYをベースに活動。近年は東京との往き来も多くなり、雑誌、カタログ、広告の撮影に携わる。次回の展示の製作開始。
Website : www.akirayamada.com
Instagram : akirayamada