ストリート:

街を歩きながら、偶然の出会いを探し、雰囲気のある素敵な人達を写真に収めていく。

この7年間ほど、NYの男性の日常着をストリートにて、定期的にお仕事で撮影させていただいています。スナップショットと考えてしまうと軽い感じになってしまうのですが、初めて接する被写体と会話を交わし、写真に切り取っていく作業はポートレイト撮影の際と何も変わらない事のように感じます。

街の雑踏の中で、足早に歩く人を止め、瞬時に撮影場所を決めて撮る。

普段なら話さないような人、何だか昔から知っている様な人、気づけばストリートでしか会わない人、良く行くお店の方達、観光客など。時間の経過に伴い、学生だった子が社会人になっていたり、職が変わっていたり、観光客だった子が、この街に住み初めていたり。

イーストヴィレッジに雰囲気の良い子達が集まっている時期もあれば今はブルックリンにそんな子達も移動していたり。街が動く事で彼らも動いているのか、彼らが動いていくから街が変わっていくのか。

撮影してきた7年ほどの間でもNYのストリートファッションは,著しく変化しています。素敵なお店も増えましたし、男性のファッションに対する感覚が敏感になって、それらを個々に解釈して楽しんでいるようです。

もちろん流行などもありますが、街で見る彼らはあまり、それらにとらわれる事なく、自分なりのテイストのある格好をしているようにみえます。

率直に言うと、僕の目に入ってきて素敵だなあと思う人達は、やはり自分らしさがにじみ出ている人のような気がします。

どんな格好をするかというのも素敵ですが、どんな生き方をしているかというのがそれを表面に打ち出しているのかもしれないですね。

それは、自分が年を重ねるにつれ、変わっていく事なのか、それともずっと変わらない事なのか今後、僕自身でも模索していきたいです。

最近の投稿記事

AKIRA YAMADA 山田 陽

AKIRA YAMADA 山田 陽

フォトグラファー。1998年よりNYをベースに活動。近年は東京との往き来も多くなり、雑誌、カタログ、広告の撮影に携わる。次回の展示の製作開始。
Website : www.akirayamada.com
Instagram : akirayamada